メイン画像

お肉が食卓に届くまで

生産

生産写真01

作り手の「顔」が見える安心を目指した生産・飼育

全国屈指の畜産県鹿児島が誇る黒牛黒豚をはじめ、茶美豚などJAの農家さんによる安心で安全な飼育を心がけています。

生産写真02生産写真03

田代肥育牛センター

食肉加工

食肉加工処理01
食肉加工処理02
食肉加工処理03

世界基準を満たした品質へのチャレンジ

JA食肉かごしまは、県内に2つの処理工場をもち、「南薩工場」では牛を主体に、「鹿屋工場」では豚を主体に処理・加工をおこなっています。

両工場ともISO9001を取得し、さらに「南薩工場」においては海外輸出認定工場としてISO22000を取得して、厳格な品質管理のもと国内はもとより海外に向けても「鹿児島生まれのお肉」の提供に取り組んでいます。

ISO認定書
●南薩工場ISO09001

牛施設:ISO22000
生産者情報公表JAS規格小分業者取得

●鹿屋工場ISO09001

ページトップへ

安心安全

安心安全01
安心安全02

信頼に応える畜産王国の誇り

検査の徹底

JA食肉かごしまでは、JAグループとして消費者の皆様に食肉をお届けするため、登録農家による生産工程の把握された牛、豚の処理加工を行っています。
また、安全性の追求については公的な検査はもとより自主検査の徹底、グループの食品総合研究所による定期的な検査・チェックを行っています。

牛肉トレーサビリティシステム

生産から加工、お客様の元にお届けするまで、すべての工程を一貫して管理・運営しているJA食肉かごしまでは、食肉の生産履歴を公開する牛肉のトレーサビリティシステムを稼働させています。牛の生年月日や血統、飼料の種類や生産・肥育農家の顔が見える信頼のシステムです。牛の準専用工場である「南薩工場」はトレーサビリティシステムへの取り組みはもちろんのこと、生産情報公表牛肉JASの認定施設でもあります。

牛
牛肉トレーサビリティシステム
拡大して表示
地図

ページトップへ

全国の食卓へ

全国の食卓へ01
全国の食卓へ02
全国の食卓へ03

鹿児島から全国へ広がっています

JA食肉かごしまは、自社製造の鹿児島黒牛、黒豚・茶美豚に加え、JAグループにおいて作られる黒さつま鶏・さつま若しゃも、そして県内産原料にこだわった加工食品などを、県内はもちろん全国各地へグループ内の流通ネットワークによりお届けしています。

県内にはグループ直売店の「おいどん市場」があり、消費地におけるアンテナショップ(レストラン)として鹿児島、福岡、大阪、東京に「華蓮」を展開しています。
「華蓮」のこだわりはなんといっても品質。南国鹿児島で育てられた自慢の「鹿児島黒牛」「鹿児島黒豚」「旬の野菜」など確かな食材でおもてなし致します。

また、鹿児島が誇るおいしい豚肉をもっとたくさんの方に召し上がっていただくため、県内に2013年11月「とんかつ華蓮」をOPENしました。

ページトップへ

牛肉トレーサビリティシステム